スバル レヴォーグの値引き交渉で、安く買う方法とは?

スバルのレヴォーグの値引き交渉で購入を検討する夫婦のイメージ図

スバルのレヴォーグを安く買うポイントとは?

 

レヴォーグを少しでも安く購入する為には、

  • 値引きの相場を知る
  • 下取り車を高く買ってもらう方法を知る
  • 値引き交渉を効果的な方法を知る

と言った2つが大切になります。

 

新しく購入するレヴォーグの値引き額を大きくしつつ、今乗っている自動車をいかに高く売るかがポイントです。

 

値引きの相場を知る。値引きの相場を知るの値引き相場はどうなのか?

レヴォーグの値引きはどれくらいできるのか?と言った場合には、

 

・2016年2月時点
 車両本体の値引き額:20万円
 オプション値引き額:25万円

 

・2016年1月時点
 車両本体の値引き額:35万円
 オプション値引き額:40万円

 

・2015年12月時点
 車両本体の値引き額:25万円
 オプション値引き額:20万円

 

・2015年12月時点
 車両本体の値引き額:15万円
 オプション値引き額:35万円

 

・2015年11月時点
 車両本体の値引き額:30万円
 オプション値引き額:0万円

 

などの値引きが出来たと言う人もいます。上記の価格は、価格.comのレヴォーグの値引き情報を参考にしました。

 

値引き額の幅を見ると30万円〜75万円までの値引きが出来るようですが、平均すると車両本体とオプションの合計で45万円の値引きが相場の様です。

 

基本的に45万円程度の値引き交渉が出来れば合格点だと思います。

 

下取り車を高く買ってもらう方法を知る

今乗っている自動車を下取りに出して、レヴォーグに乗り換える場合には、下取り車を少しでも高く買ってもらうと言うことが重要です。
しかし、ディーラーでの下取り価格の査定は、基本的に、レヴォーグの値引きの一環で行われる事になるので、買取額が低く設定されるケースが多いので注意が必要です。

 

下取り時の買取額が適正であるのか?と言った事を知っておくと、ディーラーい行って営業マンと価格交渉をする時に、その営業マンが信頼できるのか?と言った事を知ることもできます。

 

この為、ディーラーに行く前に、今乗っている自動車が、どれくらいで買い取ってもらえるのか?相場を知っておくというのが大切です。

 

 

今乗っている自動車の買取価格の相場を知る方法とは?

今乗っている自動車の適正な買取価格を知るのにオススメなのが、中古車の買取の一括査定を行っているサイトを利用すると良いです。

 

中古車の一括査定サイトを利用すると、最大で10社の買取業者から概算の見積もりを知ることが出来ます。一括査定なので、複数の業者が競争して買取価格を付けるオークションになるので、高い買取価格が付きやすいと言った特徴があります。

 

 

 

値引き交渉を効果的な方法を知る

レヴォーグを新車で購入して、効果的に値引き交渉を行う為には、

  1. 準備
  2. ディーラーに行く
  3. 見積もりを取る
  4. 値引き交渉をする

と言ったような流れになります。

 

準備

まずは、自動車を購入する場合には、

  • 欲しい車を決める
  • 欲しいオプションを決める
  • ライバル車を調べる

と言うことは、準備として前もって行っておきます。

 

ここでは、レヴォーグを購入するので、欲しい車は決まっていると思いますが、グレードやオプションなど、どのようなモノがあるのか前もって調べておきます。

 

また、値引き交渉をする時に大切になるのがレヴォーグの競合車も調べておきます。レヴォーグの競合車としては、

  • マツダのアテンザワゴン
  • マツダのアクセラスポーツ
  • トヨタのプリウス

などが、レヴォーグの競合車になると思います。

 

この他にもレヴォーグ以外にも乗りたいと思える、レヴォーグと同じような自動車を調べておくと良いです。競合他車の自動車でも見積もりを取って、レヴォーグと競争させると、値引き競争がやりやすくなります。

 

 

ディーラーに行く

レヴォーグを見に、ディーラーに行くために、前もってディーラーを複数見つけておきます。レヴォーグを売っているスバルの正規ディーラーは、都道府県ごとに1つの法人になっています。

 

この為、同じ都道府県内でのディーラー同士でレヴォーグの値引き競争は難しいのですが、都道府県が違うと法人が違うので、価格競争をすることも可能です。

 

この他にも新車のレヴォーグを販売しているのは、正規ディーラー以外にもスバルの中古車販売店や整備工場などでも販売は可能です。余裕があればそこまで調べると価格競争を行いやすくなります。

 

 

最初にディーラーに行って行うこと

最初にディーラーに行ったら、パンフレットを貰ってから説明をききつつ、試乗してみると良いです。試乗したのちに見積もりを取ると、ディーラーの営業マンも買う気がある客だと思い対応がよくなります。

 

ディーラーに行った時に大切なのが、若手で営業成績が悪そうな営業マンを見つける事です。ベテランの営業マンは、値引き交渉にも慣れているので、なかなか値引きが難しいと思います。この為、若手で、ノルマに苦しむ可能性が高い営業マンを見つけると値引き交渉がしやすくなります。

 

レヴォーグの見積もりを取る場合には、下取りありと下取りなしの2種類を用意してもらうと良いです。この時に下取り価格がどれくらいになっているのか?で、そのディーラーの姿勢も分かります。また、車体価格以外にも諸経費やオプションなど、どのようなモノがあるのかが分かります。

 

 

2社、3社の見積もりを取る

レヴォーグを購入する場合には、見積もりは複数のディーラーで取るのがオススメです。同じ地域のディーラーでも回ってみると良いです。値引き交渉のしやすい営業マンを見つける為にも複数のディーラーをまわるのがオススメです。

 

また、レヴォーグ以外に、競合他車の見積もりも取っておきます。見積もりを取る場合には、まえもって、「値引きもお願いしますね」とも言っておきます。すると、最低限の値引きはしてくれると思います。

 

複数のディーラーからレヴォーグの値引き額が付いた見積もりが出た場合には、比較検討する事ができ、値引き交渉のネタにも使えます。また、競合他車の自動車の値引き額もレヴォーグの値引き交渉にも使えます。

 

 

値引き交渉をする

レヴォーグの値引き交渉をする場合には、

  1. 車体の値引き交渉
  2. オプションの値引き交渉
  3. 下取り価格の値引き交渉
  4. 諸経費の値引き交渉
  5. 最後の値引き交渉

といった順に出来るだけ分けて値引き交渉すると良いです。

 

まとめて、値引き交渉をすると色々なモノがゴチャゴチャになり、ごまかされて、結果的に値引き額が少なくなる可能性があるので注意が必要です。

 

 

車体の値引き交渉

まずは、車体の値引き交渉から行います。ここでは、他のディーラーの値引き額や、競合他車の値引きされた見積もりが参考になります。レヴォーグに限らず、基本的に車体価格の値引き額は10%程度は可能であるようです。

 

オプションの値引き交渉

レヴォーグのオプションの値引き相場は、ディーラーオプションとメーカーオプションに分かれます。メーカーオプションは値引き額は大きく出来ない傾向があります。これに対してディーラーオプションは、20%〜30%の値引きが可能であると言われています。

 

この為、オプションを付ける場合には、オプション価格の20%は値引き額を獲得したいところです。

 

 

下取り価格の値引き交渉

下取り車がある場合には、新車を購入する場合には、値引きのいっかんとして、今乗っている自動車の下取りが行われます。下取り価格の交渉は、営業マンは、5万円、7万円、8万円、10万円と言ったように、少ない価格から徐々に上げていくと言った方法をとります。

 

このように、少しずつ価格を上げていく事によって、お客の満足度をアップして、高く売れたと勘違いさせるセールステクニックです。この為、前もって中古車の買取の一括査定で、自分の自動車が売れる相場を知っておくというのが大切いなります。

 

 

諸経費の値引き交渉

レヴォーグの見積もりを取ると、諸経費の部分に「○○代行手数料」と言ったものがあります。一番有名なのが、車庫証明の取得であったり、納車などの手数料です。

 

車庫証明を取るだけでも1万円の手数料がとられる事があるので、ここは無料にならないか交渉できます。また、無料が無理な場合には、自分で車庫証明を取ると良いです。警察署に行けば簡単に車庫証明は取ることが出来ます。

 

また、納車に関しては、ディーラーまで取りに行けば浮かすことが出来ます。また、納車時にはガソリンを満タンにするなども値引き交渉で使えます。ガソリン代が高い時期には満タンは難しいかもしれませんが、ガソリン代が安い場合には、満タンという条件ものんでもらいやすくなります。

 

 

最後の値引き交渉

最後の値引き交渉としては、端数を切り捨てにしてもらうと言った事は必須だと思います。また、値引きが難しい場合には、オプションを追加してもらうと言った方法で、実質、値引きしてもらうと言うこともできます。

 

また、最後の一押しをして値引きした貰いたい場合には、「あなたから買いたいのですが、家族や妻を納得させるために○万円の値引きはできないか?」と言ったように、家族を悪者になってもらって、営業マンを味方に付けて値引き交渉を行う方法もあります。